MBAを目指した理由

MBAキャリア 海外MBA

私がMBAを目指した理由(Why MBA)

更新日:

こんにちは、yutaroです。

最近キャンパスビジットやインタビュー対策でMBA候補生の方と話す機会も多くなってきたので、一度自分の過去を振り返って私がMBAを志した理由を書いてみることにしました。

これまでのキャリア

まずは簡単に私のキャリアを紹介します。

化粧品メーカーに総合職(営業)として入社。

ちょうど会社も今後はグローバル市場に力を入れていく時期だったため、同期の大半が「将来は海外業務に携わる仕事がしたい!」と希望する中、入社当時は全く海外業務に興味はありませんでした笑。

特に崇高な目標があったわけでもないのですが、長野や静岡など地方営業に3年間従事した後、そろそろ新しい仕事に挑戦したいと思い、「ジョブチャレンジ制度」なるものに応募、本社に異動することになりました。

国際部(サプライチェーン)に配属になり、本社業務を1年、その後、海外研修として1年間フランスに駐在することになりました。

MBAの存在を知り、独学で目指すも断念、、、いつしか遠い存在に

初めての海外駐在&ろくに海外に住んだこともない&100%純ドメの私は、フランスのパリという全く違う環境に飛び込み衝撃を受けました。

言語も文化も全く違い、移民も多いフランスはまさに人種のるつぼ(この表現で年代がばれますね 笑)おまけに見るもの全てがいちいちオシャレなフランスの文化にすっかり魅了されてしまいました。

ちょうどその頃MBAの存在を知り、海外の刺激あるライフスタイルがすっかり気に入ってしまった私はMBAを取りに必ずヨーロッパに戻ってくることを決意し、帰国後は独学でTOEFLの勉強を始めました。

しかし東京に帰国するとそこは誘惑の嵐、会社の業務もより忙しくなったこともあり、いつしかMBAを目指す夢は遠い存在になっていました。

そんな生活を送るうちにもう一度海外駐在。

今度はマネージャーポジションとして勤務。

業務上、部門長や現地マネージャーと話す機会が多くなり、自分の体系的なビジネススキルの不足を痛感しました。(特にファイナンス、アカウンティング、ストラテジー周辺。。)

また、海外のマネージャーポジションの人々が目の前で示すリーダーシップも体感。

自分には到底ないなぁと劣等感を抱きつつ、帰任を言い渡された時には悔しい思いが込み上げてきたのを今でも覚えています。

帰国後、本気でMBAを目指すことを決意

帰国後すぐにMBAを再度志すことを決め、某大手予備校に入学登録、50万円を支払いました。

私の場合「自己管理」が苦手だったため「他己管理」の下で徹底的にMBAを目指そうと思いました。

幸い会社がMBA留学制度を再開してくれていて、社費留学のチャンスもありました。

周りの同期や友人には2年後必ずMBAに入学するから、と宣言し、否が応でもやらなければいけない状況に追い込みました。こうしないと自分は目標を全うできないと思ったからです笑。

社費留学の良い点の一つは、社内選考の小論文を書くにつれて「Why MBA」がより自分の中で明確になってくることです。

本番のMBAのエッセイを書く際も、これで骨子ができているためかなり楽になります。

私の場合は以下の4つが理由でした。

  1. ファイナンス・アカウンティングを体系的に学び、経営層の目線で会話ができるようになる(目的はあくまでもサプライチェーンの意思決定や効果測定が経営陣向けに語れるようになること)
  2. サプライチェーン分野の専門性を高める(調達戦略、データアナリティクス、コストマネジメント等)
  3. ソフトスキル(リーダーシップ、プレゼン、コミュニケーション、ネットワーキング等)の強化
  4. (将来起業したいと思っているので)実現に向けてアントレプレナーシップを学ぶ

現在、MBA留学を始めてから1年半が経過した段階で、当初の目的①②はほぼ達成したかなという印象です。

③については終わりがなく、常にアップデートしていかなければならない。

④についてはアントレの学びは行動によってのみ得られることが分かり、目標は変化しています。

今回は「なぜMBAを志したか」にフォーカスして書きましたが、今後はMBAに向けて勉強を始めてからの試行錯誤、MBA現地生活や学び等、少しずつアウトプットしていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-MBAキャリア, 海外MBA
-, , , ,

Copyright© ゆうたろう の ツブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.