MBA留学 準備 費用

海外MBA

MBA留学の準備費用と留学中の費用を社費・私費別に紹介!

更新日:

MBA留学を目指しているみなさん、下記のような悩みを持っていませんか?

  • MBA留学を考えているが、MBA準備・留学中含めてトータルでかかる費用を知りたい
  • 社費・私費MBA留学者の実際に掛かった費用を知りたい
  • MBA留学資金の準備方法を知りたい

この記事を読めば『一般的なMBA留学にかかる費用』および『私費・社費留学者の実際に掛かった費用』が分かるだけでなく、『MBA留学資金の準備方法』も知ることができます。

なぜなら、私が実際に事業会社で社費留学した体験談、および私費留学生の体験談、両方の視点から解説しているからです。

それでは早速はじめましょう!

私費留学と社費留学、トータルで掛かる費用は?

MBA留学トータル費用

最初に結論から紹介します。留学するスクールや国によって多少のバラつきはありますが、準備費用と留学中の費用を含めると、トータルでざっくりMBA留学に掛かる費用は以下です。(アメリカ2年制のMBAスクールの場合)

  • 私費留学:約1,700~2,500万円(準備費用150万円+授業料1,200~2,000万円+現地生活費他360万円)
  • 社費留学:約250~500万円(準備費用150~200万円+現地生活費100~300万円)

MBA留学は、基本1~2年間の海外生活になります。主な費用としてはMBAスクールに支払う授業料に加えて、家賃・食費などの現地生活費交際費などの費用がかかります。

アメリカでは2年制のビジネススクールが主流です。一方、欧州では1年間でMBAを取得できるビジネススクールも多く、費用の面では上記より比較的割安になります。

以下で詳細を解説していきます。

MBA留学の準備期間

基本的にMBAの準備期間は1年~2年間です。目安として、純ドメで留学経験がなく、まだTOEFLも一度も受けたことがない方(TOEIC700~800点前後)は、準備に約2年間を見ておくと良いでしょう。

MBA受験はスケジューリングが命です。準備期間・スケジュールの詳細は以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください!

【MBA留学】準備スケジュールと社費留学・私費留学の注意点を解説

MBA留学準備に掛かる費用

まずはMBA留学準備にかかる主な費用の明細は以下です。

  • TOEIC/GMAT対策(学習塾)
  • 留学カウンセリング/エッセイ・インタビュー対策
  • TOEIC/GMAT受験費用
  • スクールビジット/インタビュー渡航費用
  • その他費用

1つずつ見ていきましょう。

TOEIC/GMAT対策(学習塾)

ここは各自の英語力に依存しますが、TOEFL対策に比べてGMAT対策は学習塾を利用している受験生は多かったです。これは、GMAT試験がいわゆる『GMAT英語』と呼ばれる独自のルールに基づいて出題されるため、プロの講師からしっかり対策法をアドバイスしてもらうことがスコアアップに直結するからです。

一般的に、AGOSなどの大手の学習塾を利用するとGMAT対策パッケージで50万円の費用が掛かります。

私はTOEFL、GMAT両方の対策パッケージを受講したため、これだけで100万円掛かりました。。。社費留学制度のある企業では、『MBA留学の準備費用』も一部会社が負担してくれる場合があるのですが、私の場合は全て自費でしたので、全額自分で支払いました。

留学カウンセリング/エッセイ・インタビュー対策

これはほとんどのMBA受験生が利用すると思います。エッセイはMBA受験書類の中でも最も重要な要素と言っても過言ではありません。トップスクールではどんなにTOEFL/GMATのスコアが良くても、エッセイのクオリティが低ければ容赦なく落とされます。

したがって、必ずエッセイカウンセラーに添削してもらう必要があります。値段は大手塾や個人のカウンセラーによって様々ですが、20万円~70万円程度になります。

TOEIC/GMAT受験費用

実際にTOEFL試験やGMAT試験を受けるための受験料です。

TOEFL iBTは一回当たり$235GMATは一回当たり$250掛かります。受験生の平均として、TOEFLは7~10回受けてスコアメイクしている方が多いようです。(中には20回以上受けている強者もいます。)

GMATは年間で5回までと受験回数が決まっているので、4~5回でスコアメイクしている方が多いですね。

私はTOEFLは10回、GMAT5回に加えて、GREも2回受験しました。これだけで約44万円になります。

スクールビジット/インタビュー渡航費用

入学前に、スクールビジットやインタビューを現地で受ける方は、渡航費用が掛かります。インタビューに呼ばれたついでにスクールビジットして、複数の志望校から最終的に1校に絞る受験生が多い印象ですね。

私も3校からインタビューに呼ばれ、アメリカの西海岸と東海岸のスクールをそれぞれインタビュー・ビジットして日本に帰りました。渡航費用は約20万円になりました。

その他費用

受験生により異なりますが、その他費用にはTOEFL/GMAT用の単語帳などの書籍GMAT Prepの追加パック、エッセイ・インタビュー対策用の情報商材などが含まれています。

私は書籍代を合わせて1万円程度でした。

MBA留学中にかかる費用(1年間)

こちらはスクールに入学した後、MBA留学中に掛かる1年間の費用例です。アメリカのMBA留学を想定しています。

  • 授業料など学費:700〜1,000万円
  • 家賃:120万〜400万円
  • 食費:40万〜70万円
  • その他の生活費:40万〜60万円
  • 交際費:20万〜50万円
  • 航空券:往復10万〜20万円
  • 海外保険:15万〜30万円
    合計 945万〜1,630万円

つまり、年間でも最低約1,000万円、2年間だと2,000万円近くかかることになります。

MBA私費留学・社費留学生の費用実態

私の友人でアメリカの西海岸のビジネススクールに私費MBA留学している方の『1年間に掛かった費用』は約900万円でした。上記で計算した最低金額とほぼ同じですね。内訳は、授業料720万円、家賃・生活費他で180万円です。一日あたりにすると、毎日約2.5万円を使っている計算になります。

一方、これが社費留学生になると、授業料の720万円は全額会社負担生活費の180万円以上は会社の給与から支払うことになるので、実質留学中に掛かる費用は0円になります。これが冒頭で紹介した私費留学生と社費留学生の差になるわけです。

以上を勘案すると、後述する『社費でのMBA留学』も十分に検討する価値があるでしょう。

MBA留学資金の準備方法

MBA留学資金の準備方法

ここからはMBA留学に必要な資金の準備方法を紹介していきます。

社費留学

会社にMBA社費留学制度がある場合は、『スクールの授業料および現地の生活費』が実質ゼロになるため、十分に検討する価値はあるでしょう。実際に私も会社の社費制度を利用し、2年間で約2,000万円の費用を捻出しました。

非常に高い倍率である『社内選考』を突破した秘訣については、以下の記事で詳細を解説していますのでぜひ参考にしてください!

MBA社費留学:倍率60倍の社内選考を突破した小論文を公開

自分の貯金

私費生の多くはMBA留学にかかる費用のうち、一部を自分の貯金から捻出していると思います。20代後半で留学する場合、社会人経験が5~6年で年間100万円貯金があるとすると、500~600万円は自分で支払えることになります。

奨学金制度の活用

海外留学を目指す社会人向が申請できる『奨学金制度』がいくつか提供されています。もちろん選考はありますが、授業料や入学金をサポートしてもらえるため、特に私費留学の方は検討する価値が十分にあります。

フルブライト奨学金伊藤国際教育交流財団日本人奨学金中島記念国際交流財団など、MBA留学を目指している方は検討してみましょう。以下の記事に詳細が掛かれていますので、参考までにどうぞ。

留学奨学金・助成金まとめ

特に『フルブライト奨学金』は、私費でアメリカ留学を考えている方は必見です。大学院受験者・進学者を対象に学費、生活費、渡航費など最大700万円の給付をしてくれる制度になります。

フルブライト奨学金の詳細については、田原さんの書かれている記事『【フルブライト奨学金】合格のための3つのステップ』が非常に有益です。応募するまでのステップ、必要書類や重要なポイントが詳細に書かれていて本当に貴重な情報ですので、ぜひ参考にしてください!

教育ローン

民間の金融機関が取り扱う教育ローンや、政府系教育ローンなどは比較的利用しやすいオプションです。上記の民間奨学金と組み合わせて費用を調達する方も多いので、特に私費留学を目指す方は検討してみて下さい。

親からの借入

私費留学生の場合、親からの援助を一部もらっている方も多いです。ローンと違って利子分の負担がないため、現実は自分の預貯金と親から一時的に借入をして、将来返済するパターンも多いですね。

MBA留学の準備・留学中のトータル費用を紹介!まとめ

MBA留学で掛かる費用を解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

海外MBA取得を目指す場合、日本国内のMBAと違い、授業料も高額ですし、準備にかかる期間・費用も違ってきます。準備~留学生活全体にかかる費用をトータルで考えて費用計画を立てるようにしましょう。どの国に留学するかによっても費用がかなり変わってくるため、事前の情報収集は欠かせません。

この記事が少しでも受験生のお役に立つことを願っております!

MBA留学の費用計画を立てたら、次はTOEFL/ IELTSのスコアメイクをしていきましょう!以下の記事もぜひ参考にしてみて下さいね。

MBAまでの道のり(TOEFL全般、Reading編)

Twitterでも定期的にMBA関連・Eコマースの情報配信をしているので、もしよろしければフォローをお願いします。

-海外MBA
-,

Copyright© ゆうたろう の ツブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.