live commerce popoアイキャッチ画像

ECプラットフォーム Eコマース

日本初の機能を搭載!本格ライブコマースアプリ「POPO」をMBAホルダーが解説

更新日:

みなさん、ライブコマースという言葉をご存知でしょうか?

私は海外生活が長かったため、ライブコマースが海外では当たり前のように普及していて、日本に帰ってきてみるとまだあまり浸透していないことに気づきました。世界のEコマース市場で、ライブコマースは新しいビジネス形態の一つとして注目されています。

Eコマースを運営している方、YouTubeやTikTokに日常から慣れ親しんでいる方、ネットショップの新しい集客方法を模索している方は、ライブコマースをきっかけに更なる収益アップや新しいライフスタイルを発見できるチャンスです。

この記事を読めば『ライブコマースの基本』が分かるだけでなく、『日本初の本格機能を備えたライブコマースアプリの始め方』を知ることができます。

それでは早速はじめましょう!

ライブコマースとは?

ライブコマースとは、ライブとEコマースを組み合わせたもので、ライブ配信中に商品を売ったり、買ったりできる新しいEコマースです。海外では既に広まっており、特に中国では2017年頃から急速な成長を遂げています。

なぜライブコマースは世界で人気を博しているのでしょうか?日本では「テレビショッピング」は誰もがお馴染みだと思います。店舗に行かずともお得にショッピングができます。一方で、ライブコマースはこのテレビショッピングに加えて「双方向の交流」ができると考えるとイメージしやすいです。

今後、日本でもこの「ライブコマース」は間違いなくネットビジネスの主流の1つになっていくでしょう。

日本初の機能を多数搭載!ライブコマースアプリPOPO

ライブコマースは、これまで海外を主流に急速に広まっていきました。

では、日本ではどうでしょうか?なんとついに、日本でも無料で本格ライブコマースができるアプリが正式リリースされました!アプリ名は「POPO(ポポ)」です!(2021年12月調べ)

誰でもスマホ1つで簡単にショートムービ―の投稿や、ライブ配信、ライブコマースを行うことができます。

POPOの日本初の機能を紹介

POPOは他のライブコマースができるサービスとは大きく異なり、日本の業界初となる機能を3つ備えています。

機能1:POPOアプリ内でライブ配信からEコマースまでを完結できる「ダイレクトEC機能」
機能2:ユーザーの位置情報とAIを駆使しターゲティングできる「シティ機能」
機能3:ショートムービーの配信だけでなく「投げ銭機能」つき

つまり、POPOはライブ配信ができるだけではなく、TikTokなどと同じようなショートムービー機能に加えて投げ銭機能もついています。TikTokをビジネスで使っている方は、すぐにピンと来ると思いますが、この機能のありなしで集客に大きな影響を与えます。

ショートムービーを投稿して多くのユーザーにリーチし、そのユーザーに対してライブ配信を行い、そのまま一気通貫でライブコマースで商品を販売できます。これら全てを同じアプリ内で簡単にできてしまうのです。しかもこれらの機能がすべて無料でできてしまうのは驚きです。

これだけでもPOPOは画期的なライブコマースアプリと言うことができます。さらに、POPOには以下で紹介するメリットがあります!

POPOのメリット3つ

他のライブコマースアプリと比べて、POPOのメリットは以下の3つです。

  • 初期投資ゼロで無料で使える
  • 配送も簡単
  • メーカーの商品も紹介できる

順に紹介します。

初期投資ゼロ、無料で使える!

POPOは無料アプリなので、販売者は初期費用なしで始められ、維持費もかかりません。販売した商品が売れたときにのみ、販売手数料を支払うだけでOKです。販売手数料も8.6〜11.6%とEC業界では最安値水準です。商品を販売する側はメリットしかありませんね。

配送もボタン一つで簡単!

さらに、商品が売れたら「配送するボタン」を押すだけで、運送業者が集荷に来てくれ、あなたの代わりに配送までおこなってくれます。意外と知られていない事実として、Eコマースで一番面倒なのが配送なのですが、POPOはアプリ内で簡単にできてしまいます。まさに新時代にふさわしいライブコマースアプリです。既に多くのメーカーが参入を決めているようです。

あのメーカーの商品が販売できる!

POPOのメリットの3つ目は、参入したメーカーの商品をなんと一般の利用ユーザーでも販売することができます!自分が販売者として出店さえしてしまえば、自分の商品だけではなく、好きなメーカーの商品を自分のお店の商品として販売することができるのは画期的ですね!

通常、インスタグラムやYouTubeなどのプラットフォームでは、相当のフォロワー数がないといわゆる企業案件でメーカーの商品を販売することはできません。しかしPOPOなら誰でも提携メーカーの商品が販売できてしまいます!自分が好きな商品であれば、商品紹介も楽しみながらできるまさに企業とユーザーのWin-Winの仕組みとなっています。まさに新時代のソーシャルコマースですね!

わたしの知り合いのインフルエンサーさんも「すごいアプリが出た!」と大絶賛でこぞって参入を決めています。

POPOは12月10日に正式版をリリースしたばかりです。これからどんどん大きく伸びるプラットフォームでしょう。インフルエンサーの方はYouTubeで言うならHIKAKINさんのように、ライブコマース界の先駆者になれるチャンスが広がっています。エンタメとしてショートムービーやライブ配信を楽しむのもよし!ショートムービーやライブ配信をしてインフルエンサーを目指すのもよし!ライブコマースで販売者として商品を売るのもよし!POPOなら新しい可能性が広がっていきます!

POPOでできること

POPOでできることは大きく以下の3つです。

  • ショートムービーの投稿
  • ライブ配信
  • ライブコマース

ショートムービーの投稿や、ライブ配信、ライブコマースは配信者としてできることで、収益に繋げることができます。

ショートムービーの投稿

TikTokのように15~60秒の短い動画を投稿できます。今は必須となった美顔機能や編集機能でおもいのままに編集もできますので、女性ユーザーからも大好評です。しかも、POPOはAI機能によって、あなたがショートムービー届けたいターゲット層に対してアプローチすることができます。これによって、せっかく質の良いムービーを撮っても誰にも見られないということがなくなります。日本初の機能として、投げ銭機能がショートムービーについているのでギフトを受け取ることもできます。

ライブ配信

こちらもTikTokでお馴染みのライブ配信を行うことができます。ライブ配信の良いところは、リスナーさんとライブ中にコミュニケーションを取ることで直接交流できたり、ギフトを受け取ったりできることです。さらに、POPOにはコラボ配信や視聴者コラボといったコラボ機能もついています。

ライブコマース

POPOの最大の特徴と言ってもいいものが「ライブコマース」になります。POPOアプリ内でライブ配信中に自分の商品やサービスを販売することができます。1つのアプリでライブ配信からEコマースまでを完結できる「ダイレクトEC機能」は日本初の機能です!お客さまであるユーザーと離れていても、まさにリアル店舗にいるようにコミュニケーションを取りながら販売できるので、視聴ユーザーが欲しいと思った瞬間を逃しません。お店の予約にも活用できるのが便利です。

POPOは視聴ユーザーとしても楽しめる

配信者側ではなく、視聴ユーザーとしてもPOPOは楽しめます。

ショートムービーで自分の好きなものや、行きたいお店、知りたいこともリアルな動画で見ることができます。TikTokのように、好きなライバーさんのライブ配信を見て仲良くなることもできます。ライブコマースで欲しいと思ったものをその場で質問し、納得してすぐに買うこともできます。楽しみ方は無限大ですね!

POPOのはじめかた

ここからはPOPOのはじめかたを画像で解説します。

まずはApp Storeでアプリのダウンロードからポイントのチャージまでです。

アプリのダウンロードからポイントチャージまで

ログインは、スマホの電話番号、またはSNSでもログインできます。

本人確認

本人確認をすることで、様々な機能が使えるようになるので、下記の画像で本人確認のステップを解説します。

本人確認_01

本人確認_02

本人確認_03

本人確認_04

本人確認_05

本人確認_06

ギフトの送り方

ギフトの送り方

ライブ配信中の商品の買い方

ライブ配信中の買い方

出店申請の仕方

あなたのお店の出店方法は以下の画像のとおりです。

出店申請_01

出店申請_02

出店申請_03

出店申請_04

出店申請_05

出店申請_06

※出店申請者の情報は公開されることはありません。問い合わせ窓口の情報は、返品時などに他のユーザーに知られる可能性があります。

申請が完了するとPOPOで出店できるようになります。

出品の仕方

マイページの右上にある三点リーダーから店舗管理に進み、「商品追加」を押してください。BASEなどの一般的なネットショップツールと同じように感覚的に操作でき、商品を出品できます。

実際、POPOは稼げるの?

日本初の機能をたくさん備えたライブコマースアプリPOPOですが、POPOを使って収益化する方法は以下の3つになります。

  • 自分の商品や、POPOが提携するメーカーの商品を販売する
  • ライブ配信中やショートムービーでギフトを受ける
  • 自分の好きなお店の施術などをお店の代わりに予約販売

POPOは従来のライブ配信アプリとは違い、ライブ配信中に受けられるギフトだけではなく、自分の商品を販売したり、POPOが提携しているメーカーの商品を販売したりすることができます。さらに、自分が好きなお店の施術やメニューなどをお店の代わりに予約販売することもできます。ショートムービーの投げ銭機能もついているので、収益化の方法は様々です。みなさんも自分に合った収益化の方法を選んで試してみてはいかがでしょうか?

POPOアプリのダウンロードはこちら

今ならPOPOをダウンロードして、アカウント登録を完了させると、アプリに友人を招待できます。

友人を招待するとPOPOポイントが500ポイントもらえます。

POPOポイントを使ってギフトを贈ることができるので、好きな配信者などにギフトを贈って応援してみましょう!

まとめ:日本初の機能を搭載!本格ライブコマースアプリ「POPO」をMBAホルダーが解説

本格的ライブコマースアプリ「POPO」は、2021年12月10日に正式版をリリースしたばかりです。これから日本にもライブコマースの波がやってきて、大きく伸びる可能性のある分野になります!

今あなたがスタートすれば、日本でライブコマースのパイオニアになれるチャンスです。

  • ショートムービーやライブ配信をしてインフルエンサーを目指す
  • ライブコマースで販売者として商品を売る
  • エンタメとしてショートムービーやライブ配信を楽しむ

あなたも自分に合った方法でPOPOを楽しんでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ライブコマースで成功するには『SEO』、『ソーシャルメディアの活用法』、『コンテンツマーケティングの基本』について理解しておくことをオススメします。以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしていみてください!

この記事を読んで、まずは自分のネットショップを持ってみたいと思った方、アメリカMBAで学んだ初心者からネットショップを始める方法を『MBA流 10週間で立ち上げるEコマースビジネス』で解説しています。

私がオススメするネットショップサービス3つは次の記事で紹介していますので、是非参考にしてみて下さい!

Twitterでも定期的にEコマース、MBA留学関連の情報配信をしているので、ぜひフォローをお願いします!

-ECプラットフォーム, Eコマース
-

Copyright© ゆうたろう の ツブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.