Googleサーチコンソール設定

Eコマース SEO

【図解】Googleサーチコンソールの設定方法 – 初心者向け

更新日:

Webサイトブログを立ち上げた後は、GoogleアナリティクスとともにGoogleサーチコンソールを導入してSEO対策やサイト改善へ繋げることが大切です。

当記事は以下の悩みを解決できるような内容になっています。

  • Googleサーチコンソールって何?
  • Googleサーチコンソールってどうやって設定するの?

この記事では『Googleサーチコンソールとは何か?』から、『Googleサーチコンソールの設定方法』までを図解で分かりやすく解説します。

Googleサーチコンソールとは?

アナリティクス基本

Googleサーチコンソールは、『ユーザーがサイトに訪れる前』のデータを取得できるツールです。

Googleサーチコンソールを導入すると、以下のことがわかります。

  • あなたのECサイトが『どのような検索ワード』で検索され、何回表示されたか?
  • あなたのECサイトが『どのような検索ワード』で検索され、何回クリックされたか?

あなたのサイトがGoogleにどのように認識されているかが把握でき、SEO対策やサイトの閲覧数アップへ繋げることができます。

SEO対策に非常に便利なツールなので、Googleアナリティクスとともに『Googleサーチコンソール』も必ず導入しましょう!

【導入】初めてのGoogleサーチコンソール設定方法

Googleサーチコンソール見出し画像2

とても簡単に設定できてしまうので、早速設定していきましょう!

  1. Googleアカウントの登録(既に取得済みの人はStep2へ)
  2. Googleサーチコンソールの登録
  3. サイトの所有権をチェックする
  4. サイトマップの設定
  5. サイトマップの送信

以上、5Stepで進めていきます。

Step1:Googleアカウントの登録(既に取得済の人はStep2へ)

最初に、自分のGoogleアカウント(Gmailアドレス)が必要になります。新規作成の場合は https://accounts.google.com/ のページから行ってください。

Googleアカウント

アカウント新規作成の場合は『姓、名、ユーザー名、パスワード』を入力しましょう。最後に『次へ』をクリックしてStep1は完了です!

Step2:Googleサーチコンソールの登録

次にGoogleサーチコンソールのサイト https://search.google.com/search-console/ にアクセスします。

Googleサーチコンソール

上記の画面が表示されるので、『今すぐ開始』をクリックしましょう。すると、以下のログイン画面に移ります。

サーチコンソール登録1

メールアドレスを入力し、『次へ』を押してパスワードを入力してログインします。

サーチコンソール登録2

『Google Search Consoleへようこそ』という画面が表示されるので、右側の『URLプレフィックス』に新しく作ったサイトのURLを貼り付けて『続行』をクリックします。

Step3:サイトの所有権をチェックする

続いてサイトの所有権をチェックします。

サーチコンソール登録3

『所有権の確認』画面になりますので、『Google Analytics』を選択し、そのまま確認を押してください。『所有権を確認しました』という表示が出るはずです。

※GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールは、ともに同じGoogleアカウントで登録してください。両者が違うGoogleアカウントだとこの方法は成立しません。

Step4:サイトマップの設定

次にサイトマップを設定します。

All in one SEO設定1

まずはインストールしたプラグイン『All in one SEO』の『機能管理』をクリックしてください。

All in One SEO設定2

上記の画面が表示されますので、XMLサイトマップを「Activate(有効化)」させます。
(上記はすでに有効化されている画像です)

XMLサイトマップ設定1

次に、ダッシュボードの『設定』→『XML-Sitemap』をクリックしましょう!

XMLサイトマップ設定2

上記の画面が表示されます。オレンジの部分には、自分のURLが記載されていることを確認してください。

確認できたら、この画面の少し下にある、『基本的な設定』に進みましょう。

XMLサイトマップ設定3

上記画像の3つのチェック欄全てにチェックを入れましょう。
これで新しい記事を書いた時、ブログを更新した時にGoogleに伝えることができます。

Googleに『記事書いたので見に来てね~』というイメージです。

さらに下にスクロールし、『投稿の優先順位』という項目を見つけて下さい。

XMLサイトマップ設定4

『優先順位を自動的に計算しない』をチェックしましょう。

さらに下の『Sitemap コンテンツ』という項目までスクロールしてください!

XMLサイトマップ設定5

上記画面のように5つの項目にチェックを入れましょう。
次に『Change Frequencies』の項目までスクロールします。

XMLサイトマップ設定6

上記画面のように設定しましょう。あくまで目安ですので、カスタマイズしても問題ありません。

最後に『優先順位の設定』の項目までスクロールします。

XMLサイトマップ設定7

上記のように設定しましょう。忘れずに最後に画面下の『設定を更新』ボタンを押してください。

これでサイトマップの設定完了です!

Step5:サイトマップの送信

最後に、設定したサイトマップをGoogleサーチコンソールに送信したら全て終了です。

サイトマップ送信1

Googleサーチコンソールの画面左にある『サイトマップ』をクリックしましょう。

サイトマップ送信2

『新しいサイトマップの追加』の画面になりますので、『サイトマップのURLを入力』の部分に『sitemap.xml』と入力して、送信ボタンを押しましょう!

サイトマップ送信3

『サイトマップを送信しました』という画面が表示されます。OKボタンをクリックすれば、Googleサーチコンソールの設定は完了です!
お疲れ様でした!

Googleサーチコンソール設定のまとめ

今回はGoogleサーチコンソールの導入方法を5STEPで解説しました。
早速今日からGoogleサーチコンソールを活用しましょう!!

  1. Googleアカウントの登録(既に取得済みの人はStep2へ)
  2. Googleサーチコンソールの登録
  3. サイトの所有権をチェックする
  4. サイトマップの設定
  5. サイトマップの送信

最後までお読みいただきありがとうございました。

-Eコマース, SEO
-,

Copyright© ゆうたろう の ツブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.