ソーシャルメディア活用法

Eコマース Shopifyノウハウ

Shopify(ショピファイ)運用におけるソーシャルメディア活用法

更新日:

Shopify(ショピファイ)を使ってEコマースビジネスを運営しているみなさん、下記のような悩みを持っていませんか?

  • Eコマースビジネスでソーシャルメディアを活用したい
  • ソーシャルメディアって使ったことないけど、どのように運用したらいい?
  • Shopifyとソーシャルメディアの連携方法について知りたい

この記事を読めば、Eコマースビジネスに不可欠な『ソーシャルメディアの戦略的な運用法』を知ることができるだけでなく、ShopifyとInstagramなどの連携方法についても理解できます。

私がアメリカMBA留学時の人気授業『Eコマース』で学んだ知見も交えてソーシャルメディア活用のポイントを紹介しますので、ぜひ参考にして下さい!

ソーシャルメディア運用で最も重要なこと

ソーシャルメディアはEコマースビジネスでも欠かせないものになっています。みなさんも日常でInstagramFacebookなどのソーシャルメディアを使っている方は多いですよね。

ただ、手軽に使い始められる分、ビジネスとしてソーシャルメディアを使う場合は注意が必要です。プライベートのようになんとなく使うのではなく、きちんと戦略的に運用していきましょう。

ソーシャルメディアを戦略的に運用しよう

ここではビジネスとしてソーシャルメディアを活用する場合の、戦略的に運用するポイントを3つ紹介します。

成功指標を決める

活用するソーシャルメディアが、『どのような状態』になったら成功と言えるのか、最初に指標を決めておきましょう。以下がソーシャルメディアの目標設定に使われる項目の例です。ここから1~3つを選んでみましょう。

  • クリック数
  • 『いいね』数
  • コメント数
  • シェア数
  • フォロワー数
  • あなたのストアへのトラフィック数
  • リード数
  • 売上件数
  • 社会的信用の獲得
  • ロイヤルカスタマーの育成
  • マーケットリサーチ

あなたのEコマースビジネスにフィットするように、ソーシャルメディアを使う目的を設定しましょう。

ターゲットを踏まえてソーシャルメディアを決める

次に、あなたのビジネスがどんなターゲットにリーチしたいのかを踏まえて、ソーシャルメディアを選択します。もう一度、あなたのビジネスのターゲットを振り返りましょう。

  • ターゲットのコアニーズは?
  • どんな無形/有形価値を好む?
  • 年齢、住んでいる場所は?
  • 性別、趣味、職業、年収は?
  • 好きなウェブサイト、アプリは?

この辺りを想定しながら、あなたのターゲット層がよく使用しているソーシャルメディアを選択する必要があります。

簡単な例だと、Twitterは知らない人と積極的に知り合うツールとして使えます。InstagramやSnapchatは若い世代、少し年齢層が高めであればFacebookなどといった具合です。

ターゲット顧客のニーズについては、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

コンテンツを決める

ソーシャルメディアを選択したら、最後にコンテンツを決めます。どんなタイプの『投稿』が、あなたが上記で設定した『指標』を達成するのに適しているでしょうか?

  • メンバーシップ情報
  • 製品情報・価格プロモーション
  • ブランド価値を伝える投稿(ブランドミッション、ブランドパーソナリティを伝える)
  • 教育的記事の投稿(読者の知りたい、を満たす記事など)
  • 投稿の形式(ニュース、写真、動画、文章、クーポン、コンテスト、顧客フィーチャー、コミュニティイベントなど)

ポイントは、セールスに関する情報』と『セールスに関係ない情報』のバランスを取ることです。(セールス情報ばかりだとユーザーが離れていきます。)

ブランドのミッションパーソナリティの詳細については以下の記事を参考にして下さい。

ShopifyでInstagramを活用しよう

Shopify(ショピファイ)でネットショップを運営している方は、Instagramと連携することで以下のメリットがあります。

  • 『見込み客』へのリーチが広がり、新規顧客獲得・売上増が見込める
  • Instagramの『ショッピング機能』が使えるようになり、ECサイトへのトラフィック増が狙える
  • 広告運用など、Eコマース戦略の幅が広がる

以下ではInstagramのショッピング機能について、概要と設定方法を解説していきます。

Instagramのショッピング機能とは?

Instagramの『ショッピング機能』とは、Instagramに投稿した写真に対して、『ECサイトへ誘導するリンク』を貼ることができる機能です。

今までは欲しい商品をInstagramで見つけても、ECサイトを自分で検索したり、投稿者に直接連絡をしなければなりませんでした。『ショッピング機能』の追加により、購入までの動線を簡単に作ることができるようになりました。

ショッピング機能の設定

以下の手順でショッピング機能を設定することができます。

① Instagramでビジネスアカウントを設定する
② InstagramビジネスアカウントとFacebookアカウントを連携させる
③ Facebookへ商品登録をおこなう
④ ShopifyにInstagram販売チャネルを追加する

順に解説します。

Instagramでビジネスアカウントを設定する

まずはInstagramのビジネスアカウントを作成しましょう。Instagramではアカウント作成時、個人・ビジネスアカウントの区別がありません。アカウント作成後、ビジネスアカウントに簡単に変更できます。

InstagramビジネスアカウントとFacebookアカウントを連携させる

Instagramでのショッピング機能を有効化するためには、事前にFacebookアカウントとInstagramアカウントを連携させる必要があります。

Facebookにてショップページを作成し、ショップ設定、通貨、メールアドレス等を登録しておきましょう。

Facebookへ商品登録をおこなう

さらに、Facebookページにて『ショップセクション』を追加して商品情報や写真などを登録しましょう。Facebookの審査が通過したら、ShopifyとInstagramの連携ができるようになります。

ShopifyにInstagram販売チャネルを追加する

上記の準備ができたら、次にShopify管理画面で『販売チャネルの追加』をしましょう。
管理画面の左サイドバーにある『販売チャネル』 の右の『+ボタン』をクリックします。

Shopify販売チャネルの追加

『販売チャネルを追加』のポップアップが出てくるので、Instagramをクリックします。

Shopify Instagramの追加

下記のInstagram連携ページで、『販売チャネルを追加する』をクリックしましょう。

Shopify Instagram 販売チャネル追加

以上で、左のサイドバーに販売チャネルとして『Instagram』が追加されました。

Shopify管理画面 Instagramが追加

最後に、FacebookとInstagramを連携させます。『Facebookショップチャネルにアクセスする 』 をクリックしましょう。

Instagram Facebookとの連携

するとFacebook画面が表示されますので、Facebookアカウントを選択。これでShopifyとInstagramの連携は完了です!Instagramの審査が完了するまで、2日~1週間ほど待ちましょう。

まとめ:Shopify(ショピファイ)のソーシャルメディア活用法

ネットショップにおけるソーシャルメディアの戦略的な運用法と、ShopifyとInstagramの連携方法を紹介してきました。

再度、ソーシャルメディア活用のポイントをまとめると、

  • 成功指標を決める
  • ターゲットを踏まえてソーシャルメディアを決める
  • コンテンツを決める

自分のネットショップに合ったソーシャルメディアをうまく活用して、売上アップに繋げましょう。

Shopifyを使ったネットショップ運営に興味が出た方は、是非以下の記事も参考にしてみて下さいね。

-Eコマース, Shopifyノウハウ
-,

Copyright© ゆうたろう の ツブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.