Eコマースビジネス 最適化

10週間Eコマース立上げ Eコマース

【MBA流】10週間で立ち上げるEコマースビジネス - Week10

更新日:

ついに『10週間で立ち上げるEコマースビジネス』シリーズの最終回です。

当記事は10回シリーズを通して、以下の悩みを解決できるような内容になっています。

  • Eコマースビジネスを始めたいけど何から始めたらいいのかわからない
  • Eコマースで売りたい製品は既にあるけど、どうやってビジネスを立ち上げるの?
  • ビジネスアイデアをブレインストームしたい
  • デジタルマーケティングに興味があり経験を積みたい学生or社会人
  • 起業を経験してみたい
  • 起業アイデアを即実践したい

前回は『コンテンツマーケティングの実践』について解説しました。

最終回の今回は『ECストアの最適化』について取り上げます。
『仮説検証』『学び』の具体的な流れを分かりやすく解説します。

まずは、ECストア立ち上げおめでとうございます!

当記事(10回目)までたどり着いた方、まずは本当におめでとうございます!

ここまでであなたは以下のことを達成しました!!

  • 自分のECストアを立ち上げた
  • 顧客ニーズ(Problem)にフォーカスし、ビジネスアイデア(Solution)を考えた
  • 商品、サービスの調達方法およびビジネスモデルを考えた
  • ブランディング、コンテンツマーケティングに取り組んだ

ここまで活動できたことは素晴らしいと思います!

Eコマースをやりたいと思った人の中から、実際に行動に移す人は約2割です。必ずこの『行動』からは学びがあると思います。

そして、Eコマースを立ち上げた後に、そこから『継続』できる人はさらにその2割です。

引き続きこの4%になるために、下記で解説する『仮説検証』と『学び』を繰り返しましょう。

ECストア最適化:仮説検証→学びを繰り返す

今後の活動は、あなたのECストアの1ヶ月あたりのPV(ページビュー数)が5,000以上になるまでは、以下を中心に取り組みましょう。

  1. 顧客と話す
  2. ユーザーテスト(UXテスト)をする
  3. アナリティクス
  4. 競合のECストアの分析

① 顧客と話す

顧客ニーズを知る最も重要な手段は『顧客と話すこと』です。
当たり前のことのように感じますが、多くの人はこれを無視して自分のアイデアにのみ固執しがちです。

顧客ニーズを知ることの重要性は Week1Week2 でも解説した通りです。

再度、初心に帰って『顧客の問題を知る』ことから始めましょう。

② ユーザーテスト(UXテスト)をする

顧客と話した後は、顧客からのフィードバックを元に仮説検証をしていきましょう。

ユーザーテストについては Week7 で解説したことも参考にして下さい。

ポイントは、大きな要素(リスクの高い仮説)に焦点を当ててテストをすることです。

  • ホームページのメイン画像やヘッダーなどのデザインは適切か?
  • 商品、サービスの価格は適正か?
  • 商品画像、ビデオ、ヘッダー、解説文は適切か?

などです。

影響度の小さい仮説ではなく、『最も大きい仮説』(つまり、リスクの高い仮説)から検証していきましょう。

③ アナリティクス

ECストアの分析において、『ユーザーテスト(UXテスト)』と並んで重要なのは『アナリティクス』です。以下の概念は重要なので必ず押さえて下さい。

  • アナリティクスからは『定量データ』=『顧客が何をしているか?』が分かる
  • ユーザーテストからは『定性データ』=『顧客がなぜこの行動をしているか?』が分かる

Eコマースビジネスの最適化には両方とも必要です。

ストア立ち上げ時に設定した『Googleアナリティクス』『Googleサーチコンソール』を活用してECサイトの分析をしましょう。

以下の項目等を毎日チェックして、仮説検証に活かしましょう。

  • ユーザー数、セッション数、PV数
  • あなたのサイトの『検索ワード』、表示回数、クリック数
  • 直帰率、セッション継続時間

④ 競合のECストアの分析

競合サイトの分析も非常に重要です。

  • 競合サイトはユーザーのどんな顕在・潜在ニーズに応えているか?
  • ユーザーにとって競合サイトに不足している価値は何か?
  • あなたのECサイトはユーザーにどんな価値を提供できるか?

これらの質問を突き詰めることで、あなたのECサイトおよびブランドをよりブラッシュアップしていきましょう!

ストアデザインのレビュー

ストアデザインの改善は、上記で説明した通り大きな要素(リスクの高い仮説)に注目しておこなっていきますが、以下の点も注意して見直しましょう。

  • モバイルファースト
  • 1人称視点の記述

① モバイルファースト

ECサイトを構築しているときは、スマートフォンからのアクセスのことを軽視してしまいがちです。

しかし、ある調査では70%以上のユーザーはスマートフォンからECサイトを閲覧しています。

Googleアナリティクスをチェックして、あなたのECサイトがどの端末(モバイル or PC)からのアクセスが多いのか常に確認しましょう。

ユーザーがスマートフォンから閲覧した際にも使いやすいサイトの構造・デザインが重要です。

② 1人称視点の記述

サイトはあなたの視点ではなく、お客さまの1人称視点で書くことが重要です。

例えば、カート(買い物かご)の記述は『Your cart』ではなく、お客さまの視点で『My cart』と表現しましょう。

FAQなども『Q: 速達配送にしたい場合はどうすれば良いでしょうか?』など、全てお客さまの視点に立った表現にしましょう。

リターゲティング

一度サイトを訪れたことのあるユーザーや、買い物かごに商品を入れたことがあるユーザーに絞って広告などのアプローチをすることをリターゲティングと言います。

うまく活用すれば売上げに繋がることもありますが、逆効果になってしまうリスクもあります。本当にユーザーの為になるかよく考えてから実行しましょう。

以下、簡単にリターゲティングの長所と短所をまとめますので参考にして下さい。

① 長所

既に興味を示しているユーザーにとっては、広告の改善や価格プロモーションをオファーすることで売上に繋がる可能性が高まります。
(ショッピングの途中で他の優先事項により購入を中断したユーザー、購入プロセスに助けが必要なユーザーなどは効果的)

② 欠点

既に他のサイトで購入してしまったユーザーや、購入すること自体をやめてしまったユーザーには逆効果です。
このようなユーザーにリターゲティングしてもコストだけがかかってしまいます。

Eコマースストアの最適化のまとめ

最終回はECサイトの最適化について解説しました。

  1. 顧客と話す
  2. ユーザーテスト(UXテスト)をする
  3. アナリティクス
  4. 競合のECストアの分析

上記の仮説検証→学びを繰り返すことで、Eコマースビジネスを成長させていきましょう!

最後に最も重要なこととして、Week1でも触れた以下を再度書かせて頂きます。

Eコマースに限らず、ビジネスをおこなう上で、『価値のある問題』を解決しましょう。言い換えれば、問題を解決することで『人が幸せになること』をビジネスとして選びましょう。

この記事を読まれて『ネットショップを立ち上げてみたい!』と思われた方、私がおすすめするECプラットフォームを次の記事で紹介していますので、是非参考にしてみて下さい!

無料あり:Eコマース運用者がおすすめするECプラットフォーム3つ

最後までお読みいただきありがとうございました。

-10週間Eコマース立上げ, Eコマース
-, , ,

Copyright© ゆうたろう の ツブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.